WiMAXは安いが1番!本当に安いWiMAXはどのプロバイダーなの?というあなたへ

WiMAX(ワイマックス)の料金を利用開始から2年間の支払い総額で比較しました!最初の2~3ヶ月だけ安いWiMAXプロバイダーには騙されません!

多くのWiMAXプロバイダーでは契約期間が2年間で2年目以降に月額料金が通常料金になるので2年間の総支払額で比較することが重要です。

手続き忘れで貰えないキャッシュバックなんて嫌だ!
高額なキャッシュバックに目がくらんで申込んだけど、11ヶ月後に普段使ってないメアドに来るキャッシュバック手続きの案内に気づかず結局キャッシュバックは貰えず割高な料金払ってます・・・


手続き忘れを狙っているかのような高額キャッシュバックキャンペーンに惑わされるのは嫌なので、当サイトでは確実に割引きが摘要される月額割引きキャンペーンを実施しているWiMAXプロバイダーをおすすめしています。

ただし、高額キャッシュバックは受け取ることができれば最もWiMAX料金を節約できますので、キャッシュバックキャンペーンを選びたい方はキャッシュバックを確実に受け取るための注意点を参考にして確実に受け取る対策をしてください。

WiMAX2+プロバイダーの違いってナニ?

WiMAX2+はUQコミュニケーションズが提供するネット回線でなので、
どのプロバイダーで契約しても回線速度や対応地域の差はありません!

つまり、同じサービスを申し込むんだから
1番安いプロバイダーで契約するのが1番損をしないということです!

あとは月額費用割引きプランで確実に安く使うか、リスクはあるけど高額キャッシュバックを狙うのかはあなたの判断次第です。

月額料金が安い!おすすめWiMAXはこちら

料金はおよそ8割以上の方が契約している【WiMAXギガ放題プラン】の料金で比較しています。各社ともキャンペーンの料金プランや条件で比較していますので、キャンペーン終了時には料金が変更になる場合があります。

月額料金が安い
WiMAX比較
GMOとくとくBB
gmo-wimax_s
Broad WiMAX
broadwimax
So-net WiMAX2+
sonet_s
事務手数料 3,000円 3,000円 3,000円
初期費用 無料 無料キャンペーン中 無料
送料 無料 無料 無料
契約月料金 無料 日割り 無料
1ヶ月目 2,699円 2,726円 2,780円
2ヶ月目 2,699円 2,726円 2,780円
3ヶ月目 3,353円 3,411円 3,480円
4ヶ月目~24ヶ月目 3,353円 3,411円 3,480円
コース料金(月額) 0 0 200円/月
2年間の費用 82,164円
星5個
83,494円
星4個
87,520円
星4個
25ヶ月以降 3,609円 4,041円 4,179円
支払い方法 クレジットカード クレジットカード
口座振替(プランによる)
クレジットカード
機器の発送 即日発送 即日発送 3~7営業日
店頭受取り 未対応 Broad WiMAX 秋葉原受取りセンターにて即日受取りが可能 未対応
対象端末 W03/W02/WX02/URoad-Home2+ W03/WX02/URoad-Home2+ W03/W02/WX02/URoad-Home2+
初期契約解除対応 20日以内(条件あり) 12日以内 なし
契約違約金 2年以内 24,800円
2年以降 9,500円
2年以内 19,000円
2年以降 9,500円
1年以内 19,000円
2年以内 14,000円
2年以降 9,500円
初回契約更新月 25ヶ月目 25ヶ月目 25ヶ月目
キャンペーン摘要 過去利用者OK 過去利用者OK 1回のみ
サポート対応 丸4個 丸4個 丸5個
公式HP 公式HP 公式HP 公式HP
※表中の金額は税別です

 

最安料金で選ぶなら【GMOとくとくBB】
5

高額キャッシュバックキャンペーンで最安価格の【GMOとくとくBB】は月額割引きプランでも最安値の座を獲得しました。キャッシュバックの手続方法で不評もみられる【GMOとくとくBB】ですが、月額割引きプランならキャッシュバックが受け取れなかったという悲劇の心配もなく安心して利用できます。

GMOのWiMAXは条件付きですが、初期のキャンセルに対応しています。(事務手数料は返金不可)
初期キャンセルが受理されるには、UQ WiMAX 2+ピンポイントエリア判定で申込みの住所、及びWiMAX2+ご利用の住所が「○」の場合に限り、かつ申込日から20日以内にWiMAX2+端末が事務局に届いている必要があります。時間的な余裕は無いのでキャンセルするなら機器が届いて2~3日中には手続きを始める必要があります。
利用開始月(端末が届いた月)は無料なので申し込むなら月初に届くタイミングで申し込むとお得です。

 

東京ですぐに使いたいなら【Broad WiMAX】
4

【Broad WiMAX】は、料金的には【GMOとくとくBB】と1,300円ほどの差があります。
【GMOとくとくBB】との違いというと、JR秋葉原駅から徒歩1分の場所にWiMAX端末受け取りセンターを設置しているので、そこまで取りに来ることができれば申し込み当日にWiMAXが使えるメリットがあります。(営業時間10:00~17:00 平日)
東京に引っ越してきてすぐにモバイルWi-Fi環境が欲しいという場合は【Broad WiMAX】は便利ですね。

【Broad WiMAX】は契約開始日から12日以内にサポートに連絡すればキャンセルが可能です。(事務手数料は負担になります)
手続きの日数が短いですがGMOのような条件は無いので気軽に申し込むことができそうです。

 

So-netユーザーはお得な【So-net WiMAX2+】
4

【So-net】はWiMAXの料金だけなら【Broad WiMAX】より安いですが、月額200円のコース料金(2年で2400円)を加算すると安さとしては3番手です。固定回線など他のSo-netサービスを利用していればコース料金はサービス料金に含まれるので、So-net利用者がWiMAXを契約する時はコース料金は不要です。
So-netは飛び抜けて安い訳ではありませんがインターネット回線の国内シェアでも4番手付近の人気プロバイダーですから信頼性の高さで選んで問題ないでしょう。
利用開始月(端末が届いた月)は無料なので申し込むなら月初に届くタイミングで申し込むとお得です。

 

月額割引きとキャッシュバックではどっちが安いの?

月額割引きキャンペーンとキャッシュバックキャンペーンでは2年間の支払い総額でどちらが安いのかというと、【GMOとくとくBB】も【So-net】のどちらも断然キャッシュバックキャンペーンの方が安いです。

GMOとくとくBB
キャッシュバック
GMOとくとくBB
月額割引き
So-net
キャッシュバック
So-net
月額割引き
キャッシュバック 30,000~33,000 20,000
2年間支払い額 104,004 97,750
実質支払い額 71,004~74,004 82,664 77,750 85,320

2年間の支払金額を比較してみると、【GMOとくとくBB】は約10,000円前後の差額、【So-net】は約12,000円の差額になっています。
こうして見ると高額キャッシュバックは支払額を節約する意味では魅力的ですが、キャッシュバックを受け取れなかった時は月額割引きプランよりはるかに多くの金額を支払うことになりますので絶対に受け取り手続きを忘れてはいけません。

キャッシュバックを確実に受け取るために

WiMAXプロバイダーからキャッシュバック案内メールが来てから手続きを完了させるまでの期間は【GMOとくとくBB】は1ヶ月、【So-net】は45日間しかありませんからスピーディーに申請手続きを完了させる必要があります。
申請期間を忘れてせっかくのキャッシュバックを受け取れなかったとならないように以下の注意点をご確認ください。

キャッシュバック手続き開始スケジュールを把握する

キャッシュバック手続きの開始は利用開始から概ね11ヶ月目に専用のメールアドレス宛てに届きます。このメールを見逃さないために契約から11ヶ月目になったことを自分に知らせることが重要です。方法としてはスマホのリマインダー機能を使ったり、YahooやGoogleのカレンダー機能でリマインダー設定しておくことをお勧めします。


キャッシュバック案内メールのログイン情報をメモする

キャッシュバック案内メールが来る時期を把握していても、案内メールが見れなければ意味がありません。キャッシュバック案内のメールはWiMAXを契約した時に設定されるプロバイダー専用のメールアドレスに来るためログイン情報どころかログインページすら覚えていない可能性が非常に高いです。キャッシュバック申請時期にログイン方法やパスワードが分からないと面倒になってしまいがちなので、メールを見るためのログイン情報はすぐに分かるように管理しましょう。リマインダーに記載したり紙のメモに残すなど自分なりの方法でログイン情報を保管してください。


キャッシュバック入金口座を準備する

キャッシュバックは自分が指定する銀行口座に振り込まれますから口座を持っている必要があります。銀行口座が無い人は新規開設しておきましょう。

 

安いWiMAXプロバイダーの選び方まとめ

  • WiMAXの料金の安さは2年間の支払総額で比べよう!
  • 確実にWiMAX料金を節約するなら月額割引きプランが無難!
  • 失敗しないために初期キャンセルは可能か?
  • 高額キャッシュバックキャンペーンは手続き忘れのリスクあり!
  • キャッシュバックを確実に受け取るには準備が必要

 

WiMAXプロバイダーの選び方 安さ以外でみるべきポイント

WiMAXはどのプロバイダーでも同じWiMAX2+回線なので安さで選ぶのが損をしない選び方と言ってきました。
しかし、安さ以外でチェックすべきポイントとしては、

それは初期キャンセルの対応の違いです。

初期キャンセルの対応の違いとは、申込みから数日以内にキャンセルする場合の違約金が無料か、それとも違約金が発生してしまうのかの違いです。

当然、無料で初期キャンセルができるプロバイダーの方がリスクが無くおすすめです。

ただし、申込時の事務手数料(だいたい3,000円)とWiMAXルーターの返送送料は負担しなければいけません。

無料初期キャンセル対応のWiMAXプロバイダー

GMOとくとくbb wimax2+

条件付きで申込みから20日以内なら違約金無料でキャンセル可能です。

無料キャンセル条件:
申込み住所がUQ WiMAXのWiMAX2+ピンポイントエリア判定で【○】の場合に限ります。
要はWiMAX2+対象エリアだけど周りの建物の影響などで局所的に電波が悪い条件の時に無料キャンセルが出来るということです。


WiMAX2+は地方都市まではほぼ対応していますが、いわゆる田舎にあたる地域は対応していないこともありますから、対象となりそうな方はWiMAX2+のエリアを確認しておきましょう。

Broad wimax

Broad wimaxは契約開始日から12日以内にキャンセルの手続きを行えば、ピンポイントエリア判定の条件など関係なく違約金無料でキャンセルが可能です。

注意点としては、Broad wimaxは申込み月も日割りで料金が発生しますからその分の負担はかかります。

安いWiMAXの条件からすると上記の2プロバイダーがおすすめです。
それ以外のプロバイダーをさらに詳しく知りたい方はこちらのエントリーをどうぞ
WiMAX2+が繋がるか不安な方へ!初期キャンセル可能なプロバイダーはこちら

 
 

 
 



契約期間2年間の支払い額で本当に安いWiMAXプロバイダーを比較しました
WiMAX2+ 料金比較はこちら